天上星火

アクセスカウンタ

zoom RSS 大橋巨泉じゃないけれど−比例は社民か共産に。自公政権の責任を問うのが選挙の意義、

<<   作成日時 : 2009/08/17 16:16  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 大橋巨泉じゃないが、今回の選挙は比例区で共産党か社民党に入れていい選挙だ。

 どうせ小選挙区は自民・公明連合と民主党の一期打ちになる。

 民主党は多少近代化されたもう一つの保守政党に過ぎないから、本当に異見を述べる政党は国会から消えてしまうことになる。

 それをふせぐにはいろいろ問題はあるものの、とにかく頑固に処長を曲げない社民党か共産党に出てもらうのがいい。

 個人的には非武装中立は空論だと思っているが、そういう見解がなくなると日本政府や役人は何をしでかすか分からない。

 共産党はとにかく天皇制について指されることも怖れず自説を主張できる唯一の党だ。今でも覚えているが昭和天皇が死んだとき、どの党も天皇の戦争責任などについてきちんと話をしなかった。唯一の例外が共産党である。こういう点でしっかりした政党がなくなるのも困る。

 それからこれは別の話だが、今回の選挙でやれマニュフェストがどうとか、いろいろな判断基準が示されているが、私自身は自公民連合政権に責任を取らせるかどうか、これが唯一の論点だと思う。

 今まで日本政治の退廃は、政治が責任を取らなかったために生じた。

 それを断ち切ることが全ての出発点だ。

 とにかく自公政権を崩壊させよう。それからである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大橋巨泉じゃないけれど−比例は社民か共産に。自公政権の責任を問うのが選挙の意義、 天上星火/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる