天上星火

アクセスカウンタ

zoom RSS 自民党総裁選候補の個人的一覧

<<   作成日時 : 2008/09/08 13:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

 与謝野候補は教養主義の大学教育を受けた世代であるせいか、なんとなく知性的な雰囲気がある。もっとも政策的には財政均衡主義で、貧乏人にはつらい政策をとりそうである。二世代議士ではないが、与謝野鉄幹・晶子の孫ということで、それなりの背景から出てきた人ではある。

 麻生太郎氏は本人自身「生まれは良いが育ちが悪い」とおっしゃっているようだが、育ちが悪いというよりも、学びが欠けた、という感じである。自分で教養を磨く姿勢がなかったのでは、という気がしてしまう。最大の問題は「差別主義者」であること。

 野中広務氏に対する差別的発言は既に明らかになっているが、旧植民地だった朝鮮・韓国についても、かなりひどいお考えをお持ちのようにお見受けされる。

 福田辞任後、早速日朝関係が滞っているが、麻生氏が首相にでもなれば、アジア関係の外交は全く頓挫・破綻することとなろう。国内的にも格差でひどい目にあっている連中に未来はなくなる。漫画好きだからといって、貧乏人の救世主になってくれる保障にはならないことは当然。言うまでもなく三世代議士。

 小池氏は確かカイロ大学の卒業生で、アラビア語にも堪能なはずである。中東に関してはかなりの見識をお持ちのはずなのだが、どうもテレビを見ている限りでは厚化粧のおばさん、というように見えてしまう。もう少し中東問題や国際問題への見識を発揮できる場が必要。世襲議員ではなく、基本的には努力の人だと思う(但し個人的には余り好きではない)。

 石原伸輝氏は若手の鷹派。綱裡切実な歴史経験を観念的な鷹派で本人は利口だと考えているタイプ。つまり最も手に負えないタイプの可能性あり。言うまでもなく慎太郎の息子。

 似ているのが山本一太氏。たたき上げの分馬力はありそうだが、それだけ。外務副大臣として何をやりたかったのだろうか。

 棚橋氏については全く不明。人柄はよさそうな漢字が伝わっているが、ホントのところは不明。

 石破茂はこれまた二世。地元の名家から出てきて、選挙の苦労なしに今日に至る。上さんは慶応在学中に美人で有名だった同窓生。専ら軍事オタクで有名だが、実際軍事の前に歴史への深い洞察が不可欠なことに気づいていない愚か者。こんなのが軍の最高司令官は全く危ない。

 まああれこれ言えば意ほど総裁選を盛り上げることになるのでここまでにしよう。

 何にせよ必要なのは総選挙。新総裁・首相に望むことは直ちに解散すること。

 そして私たち有権者は蛮勇を奮って、民主党に投票しょう。とにかく一度やらせよう。そしてだめなら自分たちでやろう。それが民主主義というものだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
 石原伸晃が面白い発言をしている。「麻生太郎と私は自民党のウィングの両端にいる。議論をして政策をたかめるために立候補したい」
 ウィングの広さといえば、民主党はもっとひろい。自民党田中派と旧社会党の両方からのおちこぼれをひろってつくった政党だ。政界の汚水槽のような政党だと思う。こわれた自民のスペアがつとまるだろうか?
罵愚
2008/09/08 16:19
 コメントありがとうございます。確かに民主党には多々問題があると思います。ただ現状の自民党は、到底まともに政権を運営していく能力、あるいは意思がある状態とは思えません。
 このブログでも書いていますが、今議員となっている自民党代議士のうち、おそらく100人くらいは二世・三世代議士ではないでしょうか。
 彼らの多くはそれこそ「家業として」政治家になったのであって、自ら信じるところや、実現したい未来への強い意思など到底期待すべくもないように思うのです。
 最も民主党も、党首の小沢市郎氏やその他鳩山氏など、こちらも二世三世が多々います。それでも現状では、これだけ失態を重ねてい自民党に継続させるだけでは、どんなに無能で無責任でも政権を維持できるということになってしまうでしょう。それだけは避けなければならないと思います。
toki
2008/09/09 10:13
 ふたつの反論を差し上げます。自民がだめだから、それ以上に不安を抱える民主にくらがえを勧めるのは、破滅の論理ではなかろうか。自民があげ潮派と引き潮派の雑居政党だとしたら、民主党にはさらにそこに朝鮮総連の手先みたいなのが混ざりこんでいるわけでしょう。自民党政治をうわまわると予想すべき民主党の失政に耐えられるだけの国力が、残っているのかなぁ?
 ふたつめの疑問は、はたして二世議論は弊害だろうか?二世に共通の欠点はあるのでしょうが、反対に長所もある。一世と比較検討が、なされているようには思えないのです。
罵愚
2008/09/10 05:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
自民党総裁選候補の個人的一覧 天上星火/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる